高原俳句派

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠

    【第51回】軽井沢と堀口星眠広渡敬雄(「沖」「塔の会」)軽井沢は、浅間山の東南の麓に広がる海抜900~1000メートルの高原地帯。中山道の宿場町(軽井沢、沓掛、追分の三宿)として栄えたが、信越本線の…

おすすめ記事

  1. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  2. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  4. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  5. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】

Pickup記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  2. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  3. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  4. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  5. 【春の季語】薄氷
PAGE TOP