高橋安芸

  1. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】

    ひよんの実や昨日と違ふ風を見て)高橋安芸長野県俳人協会編『信濃句集』で目を引いた作家として高橋安芸の名も挙げておきたい。 約束のごとし松過ぎ流れ出す 古葦に鳥の目覚めの声みじか…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】東風
  2. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  4. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  5. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  2. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  3. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  4. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  5. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
PAGE TOP