1. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】

    最終回みたいな街に鯨来る斎藤よひら晩学のせいか、若い方の俳句の賞に疎く、その作風をちゃんと知るのは『俳句界』2024年1月号の特集「俳句で時代を記録せよ」がスタートだった。若林哲哉さんにより「令和の…

  2. 【冬の季語】鯨

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】鯨広範囲で回遊する鯨は、一般的に冬のあい…

  3. 【冬の季語】冴ゆ・冴え

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冴ゆ・冴え名詞としての「冴え」は大気・色…

おすすめ記事

  1. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  2. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  4. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  2. 【夏の季語】夕立
  3. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  4. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
  5. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
PAGE TOP