1. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】

    蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり日原傳最初に断っておくが、この句を収めた『此君』はたいへん端正な句集である。「此君」は「しくん」と読み、竹の異称。晋の王徽之(王義之の五男)は竹を愛し、「何ぞ一日も此の…

おすすめ記事

  1. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  2. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  3. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  4. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  5. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】夜桜
  2. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  3. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  5. 【冬の季語】室咲
PAGE TOP