麦茶

  1. 【夏の季語】麦茶/麦湯

    【夏の季語=三夏(5月〜7月)】麦茶/麦湯芭蕉が生きていた時代に出版されたグルメガイド「本朝食鑑」には、「当今、生麦を香ばしく炒り、麨(むぎこがし)を磨き、篩にかけて粉末にし、夏月、冷水を飲むとき、これを加…

  2. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

    どちらかと言へば麦茶の有難く稲畑汀子誰かの家に行き、あるい…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】うららか
  2. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  4. 【夏の季語】涼し
  5. 【俳書探訪】井上泰至『俳句のマナー、俳句のスタイル』(本阿弥書店)

Pickup記事

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  2. 【新年の季語】小正月
  3. 赤福のたひらなへらもあたたかし 杉山久子【季語=あたたか(春)】
  4. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  5. 【春の季語】白梅
PAGE TOP