黙らす

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子

    鯛の眼の高慢主婦を黙らせる殿村菟絲子(『路傍』昭和35年)「鯛」は魚を好んで食べる日本人が最上位にうまい魚としているがゆえに、天然物は押しも押されもせぬ高級魚。そしておもしろいことに、馴染みの深い魚…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  2. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
  3. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  4. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  5. 【秋の季語】秋の空

Pickup記事

  1. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  2. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  3. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  4. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  5. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
PAGE TOP