1. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】

    なきがらや秋風かよふ鼻の穴飯田蛇笏唐突ですが、あいさつ運動って覚えてますか?やってましたよね、皆さんの学校でも。懐かしいなぁ。校門の前で一列に並んだりしてね。しかしながら、とことん天の邪鬼だ…

  2. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】

    冴えかへるもののひとつに夜の鼻加藤楸邨ニューヨークは2月に…

  3. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】

    二ン月や鼻より口に音抜けて桑原三郎なんでも昔から「一月は行…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】愛の日
  2. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  3. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
  5. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】

Pickup記事

  1. 【#14】「流れ」について
  2. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  3. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  4. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  5. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
PAGE TOP