1894年生まれ

  1. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】

    雁かへる方や白鷺城かたむく萩原麦草3月最後の金曜日である。今週は兵庫県姫路市に来ているが、生憎の冷たい雨である。気温は12℃ぐらいだが、もっと肌寒く感じる。桜の開花ももう少し先のようである。…

  2. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】

    海苔あぶる手もとも袖も美しき瀧井孝作(『海ほほづき』)海苔…

おすすめ記事

  1. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  2. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  3. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  4. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  2. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  3. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  4. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  5. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
PAGE TOP