1934年生まれ

  1. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】

    花八つ手鍵かけしより夜の家友岡子郷 幼い頃、よく耳鼻科にかかった。小学校にあがる前だったと思う。夜、耳が痛み出した私を自転車の後ろに乗せて母がもう暗くなった医院を訪ねる。声をかけると電気がつき、診察…

  2. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】

    わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ友岡子郷(『遠方』) チョ…

  3. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】

    ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう折笠美秋(『君なら蝶に』)…

おすすめ記事

  1. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  2. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ
  3. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  4. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  5. 【冬の季語】冬木の芽

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  3. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
PAGE TOP