1970年没

  1. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】

    つひに吾れも枯野のとほき樹となるか野見山朱鳥(『愁絶』)一瞬、絶筆のような趣を漂わせる。実際、晩年の句ではあるらしい。作者は虚子にその才能を称された俳人だが、病気がちであったこともあり、外へ出て対象…

おすすめ記事

  1. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  3. 紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子【季語=紫陽花(夏)】
  4. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  5. 【夏の季語】酢漿の花

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  2. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  5. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
PAGE TOP