202

  1. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】

    紀元前二〇二年の虞美人草水津達大最近ぐんぐん暖かくなって、近所の雑草がいい感じに繁っている。街路樹の根元とか、中央分離帯とか、草の生えているところはどこも賑やかだ。フランスを代表する花は青い…

おすすめ記事

  1. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  2. 【冬の季語】クリスマス
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11
  4. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  5. 【夏の季語】蓮

Pickup記事

  1. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  3. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  4. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
  5. 【春の季語】鳥の恋
PAGE TOP