「つばさ」

  1. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】

    二ン月や鼻より口に音抜けて桑原三郎なんでも昔から「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」というそうで、ことに二月に入ってからの日の経つ早さには目を見張る。今日は十三日、月の前半がほぼ終了してしまった…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  2. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  3. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  4. 【春の季語】春の雨
  5. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】

Pickup記事

  1. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  2. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  3. 【冬の季語】火事
  4. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  5. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
PAGE TOP