「冬扇」

  1. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】

    行く雁を見てゐる肩に手を置かれ市村不先 今日は、2023年3月の最後の日である。今年の初めに「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と時が経つのは早いことを書いたが、この連載を書き始めてまさにあっと…

おすすめ記事

  1. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  2. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  3. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  4. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  5. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)

Pickup記事

  1. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  2. 【春の季語】雲雀
  3. 【秋の季語】運動会
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  5. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 
PAGE TOP