「刈安」

  1. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】

    薄氷の筥(はこ)の中なる逢瀬かな大木孝子(『柞繭』) 梅の咲く庭園の池が薄い氷で覆われているのを見たことがある。春の氷は気泡を含まないため透明で表面にはいくつもの風の筋が交差している。ひと目で壊れや…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  2. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  3. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて

Pickup記事

  1. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  2. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  3. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  4. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  5. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
PAGE TOP