「文」

  1. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】

    まはすから嘘つぽくなる白日傘荒井八雪))思わず膝を打ってしまうのだけれど、この「嘘っぽさ」を説明しようとすると言葉に詰まる。白日傘自体は嘘ではなく、目の前に存在しているのは間違いない。その日傘が回る…

  2. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】

    あづきあらひやひとり酌む酒が好き西野文代子泣き爺、砂掻け婆…

おすすめ記事

  1. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  3. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  4. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  5. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん

Pickup記事

  1. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  2. 【春の季語】春野
  3. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  4. 【新年の季語】小正月
  5. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
PAGE TOP