「蘭」

  1. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】

    逢へば短日人しれず得ししづけさも野澤節子冬の日暮れの早さは、人との別れの時間を早くもさせる。「もう、結構な時間になりましたか」「あら、ほんとう、外がすっかり暗く...。まだ時間は早い…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  3. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
  5. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】二月
  2. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  3. 【夏の季語】涼し
  4. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
PAGE TOP