「LOTUS」

  1. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビリティNegative capability」とは、英国ロマン派の夭折詩人ジョン・キーツが弟宛に送った手紙の一節にある言葉で、一般に「消極的…

  2. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

    水鳥の和音に還る手毬唄)吉村毬子(『手毬唄』))吉村毬子さ…

  3. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

    未生以前の石笛までも刎ねる)小野初江)掲句との出会いはおよ…

  4. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子

    回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア)豊口陽子(『藪姫』))その…

おすすめ記事

  1. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  3. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】
  4. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  5. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】人の日
  2. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  3. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  5. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
PAGE TOP