あらかた

  1. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】

    嚔して酒のあらかたこぼれたる)岸本葉子)(『つちふる』所収) ものを作り続けていると成功しやすいパターンや好きな表現を繰り返し使ってしまうということは良くも悪くも往々にしてある。  …

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  2. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  4. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  5. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】

Pickup記事

  1. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  2. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  3. 【冬の季語】十二月
  4. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  5. 【冬の季語】日記買う
PAGE TOP