いった

  1. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】

    「十六夜ネ」といった女と別れけり永六輔 高校時代、ありがとうをいつも「サンキュ」という同級生がいた。特に特徴のない言葉なのだがやはりありがとうの方が主流だし「サンキュー」でなく「サンキュ」である点も…

おすすめ記事

  1. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  2. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  3. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  4. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子

Pickup記事

  1. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  3. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  4. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  5. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
PAGE TOP