いとう句会

  1. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦

    秋櫻子の足あと【第6回】(全12回)谷岡健彦(「銀漢」同人)医学生時代の秋櫻子が、「ホトトギス」への投句を始める前に、しばらく松根東洋城が主宰する「渋柿」で俳句の手ほどきを受けていたことは、彼の句業…

おすすめ記事

  1. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  2. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  3. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】
  4. 【冬の季語】枯木
  5. ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ 坂本宮尾【季語=髪洗ふ(夏)】

Pickup記事

  1. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第13回】
  3. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  4. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  5. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
PAGE TOP