うしろ

  1. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】

    十二月うしろの正面山の神成田千空 草田男に愛妻俳句がごまんとあるように、千空も多くの愛妻俳句を詠んでいる。千空にとってその深い恩愛の対象として、市子夫人という存在は至極大きく、それは、「炎天の空へ吾…

  2. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    この人のうしろおびただしき螢)飯島晴子 こう言いながらも、…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒の内
  2. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
  3. 【夏の季語】日傘
  4. 【春の季語】椿
  5. 【新年の季語】成人の日

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬至
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  3. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  4. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
PAGE TOP