おろそか

  1. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】

    わが畑もおそろかならず麦は穂に篠田悌二郎(秋桜子編「聖戦俳句集」1933年)今、作者名その他の情報を入れずにこの句を読んだとしたら、どう鑑賞されるであろう。趣味の自家菜園で麦を作るというのはあまり聞…

おすすめ記事

  1. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  2. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  3. 【秋の季語】野菊
  4. 【春の季語】朝桜
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈

Pickup記事

  1. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  2. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  3. 【秋の季語】野菊
  4. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  5. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
PAGE TOP