きみ

  1. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】

    ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう折笠美秋(『君なら蝶に』)掲句はおそらくこの作家のもっとも人口に膾炙する代表句であり、第二句集『君なら蝶に』(1986年12月立風書房刊)のタイトルにもなっている。…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  3. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  4. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  5. 【書評】山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  3. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  4. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  5. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
PAGE TOP