こそ

  1. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】

    鉄瓶の音こそ佳けれ雪催)潮田幸司銀化誌のリモート編集はかなりの労力を伴うものだった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、東京の事務所に集まっての編集作業は好ましくないとの編集長判断である。その期間…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  2. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  3. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  4. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  5. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  3. 【冬の季語】風花
  4. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  5. 【春の季語】春の野
PAGE TOP