しばし

  1. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】

    雛飾る手の数珠しばしはづしおき瀬戸内寂聴(『生と死の歳時記』1999年)瀬戸内寂聴が亡くなった。俳句を詠む人であることは存じていたが、あまりこの作家の句文を読んだことがなくて、唯一持っているのが『生…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  2. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  3. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  4. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  5. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】卒業
  2. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  3. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  4. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  5. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
PAGE TOP