たび

  1. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】

    ぽつぺんを吹くたび変はる海の色藺草慶子(『新版角川俳句大歳時記 新年』)「ぽつぺん」は、細長い漏斗状のガラス細工の玩具のこと。「ぽぴん」「ぽぺん」「ぽこんぽこん」「ビードロ」など、異名が多い。広い口…

  2. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

    椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ池田澄子(『ゆく船』) 椿…

おすすめ記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  2. 【冬の季語】冬うらら
  3. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  4. 【秋の季語】鵙の贄
  5. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏

Pickup記事

  1. 【秋の季語】椎茸
  2. 【秋の季語】新蕎麦
  3. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  5. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
PAGE TOP