だんだら

  1. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】

    中年の恋のだんだら日覆かな星野石雀(『薔薇館』) とある超結社若手句会で何歳から中年というのだろうと話題になったことがある。結成当時全員が20代であった句会だが、気が付けば皆、35歳ぐらいになってい…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】朧月
  2. 【秋の季語】野菊
  3. 【冬の季語】冬桜
  4. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  5. 【夏の季語】泰山木の花

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  2. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  3. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  5. 【冬の季語】年忘れ
PAGE TOP