ちちろ鳴く

  1. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】

    背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く村山砂田男(『夏炉冬扇』) 『娼婦ベロニカ』という映画があった。ヒロインのベロニカは、貴族出身のマルコと恋仲であったが、身分の違いにより結婚を諦める。元高級娼婦の母…

おすすめ記事

  1. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  2. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  3. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  4. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 あつぱつぱ 半ズボン ショートパンツ
  5. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】

Pickup記事

  1. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
  2. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  3. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  4. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  5. 【冬の季語】八手の花
PAGE TOP