つける

  1. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】

    パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑高田風人子元気でやっていますか?お父さんは、まあ、元気というか、なんとかやっています。いい季節になってきましたね。今の季節がお父さんは一番好きです。新緑がその眩しさ…

  2. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】

    仔馬にも少し荷を付け時鳥)橋本鶏二) 句集『松囃子』より。…

  3. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】

    南天のはやくもつけし実のあまた中川宋淵先日なにげなく「草木…

おすすめ記事

  1. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 
  2. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  4. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  5. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】

Pickup記事

  1. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  2. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  3. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  4. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  5. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
PAGE TOP