でいる

  1. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】

    飛んでゐる蝶にいつより蜂の影中西夕紀夜中に暑くて暑くて、しかもゴーゴー音がして寝苦しい。音は多分線路で工事しているんだろうと思っていた。(寝ている部屋のすぐ傍が線路で、時々夜中に工事する)…

  2. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】

    蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日涼野海音 この記事を書いているのは…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】門松
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  3. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】
  4. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  5. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

Pickup記事

  1. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  4. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  5. 【冬の季語】十二月
PAGE TOP