なつはづき

  1. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】

    靴音を揃えて聖樹まで二人なつはづき(『ぴったりの箱』) クリスマスは、いつから恋人達のものになったのだろう。本来は、イエス・キリストの降誕を祝う日。教会では蝋燭を灯し、主であるイエスの誕生を讃美歌と…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  2. 【冬の季語】忘年会
  3. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  4. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  5. 浜風のほどよき強さ白子干す 橋川かず子【季語=白子干す(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】薄氷
  2. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  3. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  4. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  5. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
PAGE TOP