なめらかな

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

    菊食うて夜といふなめらかな川飯田晴先週、句集の手触りの話をしたけれど、もちろんどの句集にも手触りはあります。もっと踏み込むと、読み心地ともいえるかもしれません。編年体か、作者の思い入れのある…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】鮟鱇
  2. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  3. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子

Pickup記事

  1. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  2. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  3. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】
  4. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  5. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
PAGE TOP