ねば

  1. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女

    銀座明るし針の踵で歩かねば八木三日女(『赤い地図』昭和38年)銀座は不思議な街である。デパートやブティックの賑わう日中、日本有数の歓楽街と化す深更。どこか静謐な雰囲気の漂う明け方と、めまぐるしく姿を…

  2. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】

    嫁がねば長き青春青蜜柑大橋敦子(『手鞠』)昭和の頃、オール…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  3. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  4. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  5. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】

Pickup記事

  1. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  2. 【秋の季語】草の花
  3. 【冬の季語】着ぶくれ
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  5. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
PAGE TOP