ひとり

  1. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】

    おもかげや姨ひとりなく月の友松尾芭蕉 先週、一泊二日で信州へ夏行に行ってきた。両日ともに猛暑で吟行は大変だったが、とても良い経験になった。初日は、JR松本駅に集合し、そこからバスで戸倉上山田温泉へ向…

  2. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】

    夏場所や新弟子ひとりハワイより大島民郎 今日は5月最後の金…

  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#8このコーナーは、気鋭の…

  4. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】

    海女ひとり潜(か)づく山浦雲の峰井本農一(『遅日の街』1977年)…

  5. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】

    他人とは自分のひとり残る雪杉浦圭祐当地では雪解が進み、だん…

おすすめ記事

  1. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  2. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  3. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  4. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  5. 【春の季語】初蝶

Pickup記事

  1. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  2. 【春の季語】囀る
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】
  4. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  5. 【夏の季語】桐の花
PAGE TOP