ほど

  1. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

    辛酸のほどは椿の絵をかけて)飯島晴子辛酸の「ほど」とは。「程度」という意味にもとれるし、「ご検討のほどよろしくお願いします」のような「ほど」ともとれる。前者の場合には、椿の絵をかけることによって、辛…

  2. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】

    暮るるほど湖みえてくる白露かな根岸善雄このたび、九月・十月…

  3. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

    田螺容れるほどに洗面器が古りし)加倉井秋を)小学生の頃、下…

  4. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】

    イエスほど痩せてはをらず薬喰亀田虎童子『日本大歳時記』(講…

おすすめ記事

  1. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  3. 【春の季語】春風
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  5. 【冬の季語】蕪

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  2. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  3. あひふれしさみだれ傘の重かりし 中村汀女【季語=五月雨(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
PAGE TOP