ほど

  1. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

    辛酸のほどは椿の絵をかけて)飯島晴子辛酸の「ほど」とは。「程度」という意味にもとれるし、「ご検討のほどよろしくお願いします」のような「ほど」ともとれる。前者の場合には、椿の絵をかけることによって、辛…

  2. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】

    暮るるほど湖みえてくる白露かな根岸善雄このたび、九月・十月…

  3. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

    田螺容れるほどに洗面器が古りし)加倉井秋を)小学生の頃、下…

  4. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】

    イエスほど痩せてはをらず薬喰亀田虎童子『日本大歳時記』(講…

おすすめ記事

  1. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  2. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  3. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  4. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  5. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  3. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
PAGE TOP