ゆえ

  1. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】

    みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな筑紫磐井(『野干』) 〈みちのく〉と言えば「みちのくひとり旅」という演歌を思い出してしまう。叶わぬ恋を振りきって男ひとりの傷心旅行。「月の松島 しぐれの白河」、失恋の果て…

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  2. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  3. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  4. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】

Pickup記事

  1. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  2. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  3. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  4. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴
  5. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
PAGE TOP