よき

  1. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】

    生きのよき魚つめたし花蘇芳)津川絵理子手に触れた魚のつめたさに、生きのよさを感じてハッとした。俳句に掬い取るのにふさわしい発見だ。魚を釣り上げたのか、もしくは店で新鮮な魚を購入し、ビニール袋越しに触…

  2. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】

    よき椅子にもたれて話す冬籠池内たけし 大寒も折り返し…

  3. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】

    あたゝかに六日年越よき月夜大場白水郎(『カラー図説日本大歳時記』)…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  2. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  3. 【春の季語】春めく
  4. 【春の季語】卒業す
  5. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美

Pickup記事

  1. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  2. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】
  3. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  4. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  5. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
PAGE TOP