わかれる

  1. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】

    言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる種田山頭火(『山頭火俳句集』岩波文庫)種田山頭火は、1940(昭和15)年10月11日に脳溢血で没していて、まもなく没後八十一周年ということになる。つ…

おすすめ記事

  1. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  2. 【冬の季語】風花
  3. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  4. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  5. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)

Pickup記事

  1. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#10
  3. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  4. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  5. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
PAGE TOP