わたる

  1. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】

    水底を涼しき風のわたるなり会津八一(上村占魚『会津八一俳句私解』昭和58年)過日、阪西さんが連続で取り上げていた上村占魚は、歌人会津八一の弟子でもあった。吉野秀雄の紹介による。では歌の弟子であったの…

おすすめ記事

  1. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  3. 【冬の季語】冬帽子
  4. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  5. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  2. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  3. 【冬の季語】聖夜劇
  4. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】
  5. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
PAGE TOP