わたる

  1. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】

    水底を涼しき風のわたるなり会津八一(上村占魚『会津八一俳句私解』昭和58年)過日、阪西さんが連続で取り上げていた上村占魚は、歌人会津八一の弟子でもあった。吉野秀雄の紹介による。では歌の弟子であったの…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】雛祭
  2. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  3. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】
  4. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  5. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】

Pickup記事

  1. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  2. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  4. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  5. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
PAGE TOP