キッと

  1. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】

    香水や時折キッとなる婦人京極杞陽自分の香りを持っている女性に憧れる。自分に似合った香水を正しく使いこなしてこそ大人の女、とさえ思う。ヘアサロンで女性誌を読んだ後などは特に。それで、一年に一度くらい香…

おすすめ記事

  1. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  2. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  3. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  4. 【新年の季語】人の日
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  2. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  3. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  4. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  5. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
PAGE TOP