チェーホフ

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター

    趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター青木亮人(愛媛大学准教授)ものを書き続けて倦んだ時、小説を何気なく手に取って読むのがいつしか愉しくなった。例えば、チェーホフの小説の次のよ…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏の夢
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  3. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  5. 【冬の季語】花八手

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  2. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  3. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  4. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  5. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
PAGE TOP