一瞬

  1. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】

    一瞬の雪墜しづれのひかり地にとどく真島楓葉子掲句は私が忘れられない雪の句である。掲句は句集『地は秋』(昭和35年)より。石原八束の『現代俳句の幻想者たち』(昭和37年、三雲書店)には20頁に及ぶ「真…

  2. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正

    一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜公木正「…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  2. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  3. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  4. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 
  5. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲

Pickup記事

  1. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  2. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  3. 【冬の季語】蓮枯る
  4. 【冬の季語】忘年会
  5. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】
PAGE TOP