三越

  1. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】

    秋海棠西瓜の色に咲にけり松尾芭蕉(角川ソフィア文庫『芭蕉全句集』)秋海棠の花の色を西瓜の色のようだという芭蕉の句。まず引っかかったのは、秋海棠の花の色って、西瓜に似てたっけ?という部分。そして、そも…

  2. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)…

  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦詩歌にはいろんな技法が…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  2. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  3. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  4. 【#26-2】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
  5. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり

Pickup記事

  1. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  2. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  3. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  4. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  5. 【夏の季語】七月
PAGE TOP