中村苑子

  1. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】

    春の日やあの世この世と馬車を駆り中村苑子(『中村苑子句集』立風書房)押井守の監督したアニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年公開)の続編『イノセンス』(2004…

  2. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

    笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも)中村苑子笹鳴きは、茂みの中…

  3. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】

    むかし吾を縛りし男の子凌霄花中村苑子(『花隠れ』) 小学校…

  4. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】

    乾草は愚かに揺るる恋か狐か中村苑子先週が「草刈」だったので…

おすすめ記事

  1. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  2. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  3. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  4. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子

Pickup記事

  1. 【夏の季語】梅雨明
  2. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  3. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  5. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
PAGE TOP