久保より江

  1. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

    まどごしに與へ去りたる螢かな久保より江(くぼ・よりえ)寒暖の差とは、春先に使われる言葉で、立夏からもう2週間も経とうとしている東京にはうむむむむむ…。今週後半は20度後半だった気温も、日曜にはまた2…

おすすめ記事

  1. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  2. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
  3. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  4. 【春の季語】朧月
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子

Pickup記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#3】
  2. 【冬の季語】歳晩
  3. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  4. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  5. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
PAGE TOP