久米祐哉

  1. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】

    ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉 2020年は、8月7日が立秋。というわけで昨日が「夏の果」だった。この時期は夏休みど真ん中だから、動物園は子供連れなどでにぎわっているだろう。…

おすすめ記事

  1. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  3. 【新年の季語】七日
  4. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子

Pickup記事

  1. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  2. 【冬の季語】枇杷の花
  3. 【冬の季語】十二月
  4. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】
  5. 【春の季語】風光る
PAGE TOP