五十句競作

  1. 妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一

    妹に告げきて燃える海泳ぐ郡山淳一(『半獣神』(『俳句研究』昭和48年11月号内 第一回「五十句競作」応募作))「燃える海」を比喩と読むのは容易だが、この句には燃え盛る水面を眼前に表出させる重みがある…

  2. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】

    変身のさなかの蝶の目のかわき宮崎大地(「宮崎大地全句集」風の花冠文庫)…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】十三夜
  2. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  3. 【冬の季語】蓮根掘る
  4. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  5. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】

Pickup記事

  1. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  2. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  5. 【春の季語】鰊
PAGE TOP