交尾

  1. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】

    鳥の恋漣の生れ続けたる中田尚子))近所の鳥たちがそわそわし始めた。四十雀が青空のどこかで鳴いている。いつもは一羽で歩き回っているセキレイとつかず離れずの距離を保って別の一羽がいる。雄の鳩がくるっくく…

おすすめ記事

  1. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  2. 【春の季語】鶯
  3. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  5. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】

Pickup記事

  1. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  2. 【秋の季語】十三夜
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  4. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
PAGE TOP