今井康之

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之

    伊藤医院の息子 ――伊那男今井康之(岩波書店社友)伊藤医院の息子が神田神保町という所で居酒屋をやっているようだ、顔を出してみてくれ。故郷伊那谷から、このニュースが飛び込んできたのは5、6年前のことだ。駒ヶ根…

おすすめ記事

  1. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  2. 【夏の季語】蟇
  3. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  4. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  5. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】

Pickup記事

  1. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  2. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】
  3. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  4. 【春の季語】東風
  5. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
PAGE TOP