1. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】

    薫風や今メンバー紹介のとこ)佐藤智子『ぜんぶ残して湖へ』日常のささやかな「いま、このとき」を切り取っている句。いま何かの「メンバー紹介」が行われているのだが、この句の焦点はその場面にはなくて…

おすすめ記事

  1. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  4. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲子雄

Pickup記事

  1. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  3. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】
  4. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  5. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
PAGE TOP